読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイシクル通信

自転車ガジェットなどについて取り上げていきます

ディスクブレーキってどうよ?

ディスクブレーキの流れについて

MTBでは当たり前となっているディスクブレーキですが、最近ロードバイクにも使用される事が増えてきました。

  • ブレーキ性能が良い
  • 濡れたり汚れても性能が落ちない
  • ホイール買い替え需要が見込まれる(メーカーの利点)

等メリットが有ります。ロード界も使わない理由は減ってきました。

ディスクブレーキの功罪

以前は質量の問題から、軽量第一のロードバイクには使用されてきませんでした。
ですが、基本的なコンポーネント軽量化が十分進み、様々な付加価値に質量を使えるようになってきました。そこで一気に変な機材が増えてきたのですが、最後の本命がディスクブレーキでしょう。ですが、フレームとホイールの買い替えが必要となる新ブレーキシステムはなかなかハードルが高いです。
また、密集した集団で走るロードレースにおいて、ディスクブレーキのディスクで怪我をする恐れがある(そして実際に怪我が発生した)ため、ここにも障壁があります。

ディスクブレーキのこれから

いずれロードバイクでも使われるようになるでしょう。いまシマノが必死にロビー活動してUCIの規定に入るように頑張っていますし。ですが、急速に進むかといいうと、そうでもなく、一進一退が続く時期が長そうです。
ついこの間にもこのような記事がでてました。

www.cyclingnews.com

これからもディスクブレーキの話題は続きそうです。