読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイシクル通信

自転車ガジェットなどについて取り上げていきます

軽量チューブは「SOYO軽量ブチルチューブ」で決まり

2015~2016年において、ブチルチューブで悩む必要はもうない…という話です。 SOYOの軽量ブチルチューブで決まりでしょう。

チューブって考えて買ってます?

クリンチャーに使用するインナーチューブ、どんな評価ポイントがあるでしょうか。 耐パンク性能、しなやかさ(転がり抵抗)…ですが、これってブチルチューブならどれも似たり寄ったりで差別化出来ていません。 唯一走りに効いてくるのは重さ…でしょうか。

インナーチューブに求めるもの

耐パンク性能と転がり抵抗はブチルチューブはラテックスチューブに劣ります。(さらに軽さも負けてます…) となると、ブチルチューブを選んだ時点で、重さぐらいしか比べる点はありません。 そして、SOYOのこのチューブが信頼性と重さの点でバランスが取れており、完璧でしょう。 値段も安いですし。

SOYO以外のチューブ

下記のチューブは人気のようですが、どこが良いのかよく分かりません。 軽量チューブと言われているようですが、SOYOより重いですし…。

ラテックスチューブについて

ラテックスチューブの唯一の弱点は、エアの保持力ですね。 走る前日に空気入れしても一晩経つと1bar程度エアが抜けています。使い勝手は悪いです。